箱根駅伝予選会2023順位結果もリアルタイム速報!出場校とシード校は?

箱根駅伝予選会2023順位の結果もリアルタイム速報 箱根駅伝

2023年の箱根駅伝の出場をかけた2022年に行われる箱根駅伝予選会はテレビ中継が放送されるのでしょうか?

箱根駅伝予選会がいつ放送されるのか、箱根駅伝予選会の出場校とシード校もまとめてみました。

箱根駅伝予選会2023の順位やタイムの結果も速報で紹介していきますので、2023年の箱根駅伝出場校や順位をチェックしてくださいね。

箱根駅伝予選会2022の順位やタイムの結果速報

箱根駅伝2023予選会スタート:9時35分

1,27km:拓殖大学のケニア人留学生ラムジ選手がトップ

4.76km:各大学は外国人留学生を早く走らせたいが、予想よりも留学生ランナーが遅いスローペース

5km通過:先頭集団が30秒以上遅いため日本人集団が詰まって想定外の展開になっている

5km時点の順位 1位明治大学 2位城西大学 3位亜細亜大学 4位陸橋大学 5位芝浦工業大学

7.64km:明治大学の選手が転倒

陸上自衛隊立川駐屯地を出て市街地コースへ

10km通過順位 1位明治大学 2位城西大学 3位日本体育大学 4位山梨学院大学 5位早稲田大学 6位大東文化大学 7位中央学院大学 8位神奈川大学 9位拓殖大学

15km通過順位 1位明治大学 2位早稲田大学 3位大東文化大学 4位 城西大学  5位立教大学 6位山梨学院大学 7位東海大学 8位中央学院 9位神奈川大学 10位日本体育大学

17.4km通過順位 1位早稲田大学 2位大東文化 3位明治大学 4位 城西大学  5位立教大学 6位山梨学院大学 7位東海大学 8位日本体育大学 9位神奈川大学 10位専修大学

箱根駅伝2023出場校発表!!

箱根駅伝2023予選会順位

1位大東文化大学

2位明治大学

3位城西大学

4位早稲田大学

5位日本体育大学

6位立教大学

7位山梨学院大学

8位専修大学

9位東海大学

10位国士館大学

箱根駅伝予選会の2023のコース

2023年の箱根駅伝予選会のコースについてではないでしょうか。

箱根駅伝予選会2023は、3年ぶりに市街地を走る従来のハーフマラソンコースになっています。

陸上自衛隊立川駐屯地がスタート地点として、立川市街地を走って昭和記念公園の中を通ってゴールするコースと情報がでていました。

箱根駅伝予選会のコース沿道での応援は出来る?

今までは、現地で応援をすることもできていましたが、今年はこれまで通り応援が可能かどうかまでは、まだ正式に発表されておりません。

コロナの感染状況もあるので、まったく予想がたちませんが、今年は市街地がコースなので会場で応援できれば面白くなりそうですね。

箱根駅伝2023予選会の距離で走る距離や選出方法は?

箱根駅伝2023予選会の距離と選出方法について調べてみました。

箱根駅伝2023予選会の距離はハーフマラソンの距離21.0975km

94年大会までは20kmの走行距離でしたが95回大会からハーフマラソンの距離になりました。

箱根駅伝大会2023の予選会での選出方法は?

出場選手の上位10名の記録を大学別に算出してタイムが早い上位10校の大学が箱根駅伝突破となる

箱根駅伝2023予選会のルールは?

  • 2022年の関東学生陸上競技連盟男子登録者で予選会と箱根駅伝大会出場が4回未満の選手
  • 1大学1チーム編成でエントリー選手は10名から14名で出場選手は10名から12名
  • 各大学のエントリー選手の10名以上が1000m34分以内のトラック公式記録保持者であること
  • レースは1時間24分で終了
  • スタートの並び順は去年の箱根駅伝または予選会の順位順で初出場や去年出場していない場合は出場選手10名の10000m合計タイム順

箱根駅伝予選会出場校とシード校

2023年の箱根駅伝の予選会の出場校とシード校をまとめてみました。

箱根駅伝2023予選会出場校

  1. 東海大
  2. 神奈川大
  3. 早稲田大
  4. 明治大
  5. 国士舘大
  6. 中央学院大
  7. 日本体育大
  8. 山梨学院大
  9. 駿河台大
  10. 専修大
  11. 拓殖大
  12. 大東文化大
  13. 筑波大
  14. 上武大
  15. 城西大
  16. 立教大
  17. 流通経済大
  18. 東京農業大
  19. 慶応義塾大
  20. 東京経済大
  21. 日本大
  22. 亜細亜大
  23. 日本薬科大
  24. 武蔵野学院大
  25. 芝浦工業大
  26. 育英大
  27. 関東学院大
  28. 麗澤大
  29. 桜美林大
  30. 明治学院大
  31. 立正大
  32. 平成国際大
  33. 湘南工科大
  34. 東京大
  35. 一橋大
  36. 帝京平成大
  37. 東京大学大学院
  38. 東京工業大
  39. 高崎経済大
  40. 東京理科大
  41. 清和大
  42. 成蹊大
  43. 埼玉大

箱根駅伝2023シード校

  1. 青山学院大
  2. 順天堂大
  3. 駒澤大
  4. 東洋大
  5. 東京国際大
  6. 中央大
  7. 創価大
  8. 國學院大
  9. 帝京大
  10. 法政大

箱根駅伝予選会2023はテレビ放送は何時から?

今年の放送は、2022年10月15日(土)午前9時25分から生中継されると発表されていました。

箱根駅伝の予選会の季節になったと楽しみにしている方もとても多いと思います。

今年も、日本テレビ系列で放送され、さらに嬉しい情報もあります。Tverでのライブ配信があるようなのです。

Tverだと、今まで放送されなかった地域の方も見ることができるので、今まで見ることができなかった方にはとても嬉しい情報ですね。

余談ですが、昨年は2021年10月23日(土)午前9時25分から生中継されていました。毎年、これくらいの時期に放送されるようですね。

10月後半のこれくらいの季節だと秋めいてきているので選手も走りやすくなるのでこれくらいの時期に予選会をするのかもしれないですね。

スポーツの秋で、マラソンするのも見るのにも大変気持ち良い時期になので納得ですね。

箱根駅伝予選会の出場選手一覧

 

大学名 出場選手 10000m記録
東海大 宇留田 竜希 (4) 28:52.17
東海大 金澤 有真 (4) 28:48.76
東海大 川上 勇士 (4) 29:01.43
東海大 佐藤 俊輔 (4) 28:54.18
東海大 杉本 将太 (4) 29:16.89
東海大 松崎 咲人 (4) 28:39.46
東海大 石原 翔太郎 (3) 28:05.91
東海大 入田 優希 (3) 29:02.30
東海大 神薗 竜馬 (3) 29:16.66
東海大 吉田 響 (2) 28:59.50
東海大 鈴木 天智 (1) 30:12.40
東海大 竹割 真 (1) 29:55.16
東海大 中井 陸人 (1) 31:10.39
東海大 湯野川 創 (1) 31:19.32
早稲田 大井川 龍人 (4) 28:26.41
早稲田 鈴木 創士 (4) 29:21.09
早稲田 安田 博登 (4) 30:24.01
早稲田 北村 光 (3) 29:35.12
早稲田 佐藤 航希 (3) 33:11.79
早稲田 菖蒲 敦司 (3) 28:54.74
早稲田 大辻 文哉 (3) 28:36.53
早稲田 石塚 陽士(2) 30:14.11
早稲田 伊藤 大志 (2) 30:15.42
早稲田 菅野 雄太 (2) 30:14.12
早稲田 諸冨 湧 (2) 31:19.32
早稲田 間瀬田 純平 (1) 31:19.32
早稲田 山口 智規 (1) 29:35.47

まとめ

箱根駅伝2023予選会の順位結果をリアルタイムで紹介していきます。

箱根駅伝予選会では2023年の箱根駅伝に出場大学10校が決定しますから見逃せませんね。

今年から市街地を走るコースでハーフマラソンの距離を走ることが決定しました。

まだ、沿道での観戦はできないようなのでテレビで観戦しましょう♪

タイトルとURLをコピーしました