レコード大賞2022はおかしいやらせ?知らない曲ばかりで炎上?

日本レコード大賞2022 おかしい やらせ レコード大賞

レコード大賞はやらせやおかしいという声が毎年あがってしまいますよね?

やはりその原因は国民的ヒット曲ではない知らない曲ばかりがノミネートされ、視聴者が知らない歌手や歌がレコード大賞に選ばれていたことが原因と言われています。

2022年のレコード大賞がおかしいやらせと言われる理由

レコード大賞の受賞曲が知らない曲ばかり

レコード大賞2022はおかしいと言われている理由の一つに、話題性が伴っていないことがあります。

大賞候補の選ばれている曲が知らない曲ばかりということも珍しくありません。

昨年までは、誰もが知っているような曲が候補曲がないので話題性が伴っておらずやらせなのではないかと言われてしまってもなんだか、仕方ないような気がします。

レコード大賞は、年を締めくくる番組でもあるので その年に話題になった曲がノミネートしていてほしいという気持ちは視聴者としては当たり前の感情ですよね。

選考理由の決め方がおかしい

レコード大賞2022おかしいと言われている理由には、各賞の境目が曖昧になっていることもあります。
このことに関しては、ネットではYOASOBIのことについて言われていました。
YOASOBIは特別賞にノミネートされていましたが、YOASOBIは多くのメディアに取り上げられて話題になっていてさらに、ラジオやストリーミングの再生回数でもランキング上位に常にいました。

にもかかわらず、優秀作品賞でのノミネートではなく特別賞でのノミネートということに納得できない方がたくさんいたようです。

特別賞の選考基準は、社会的に世の中を賑わせて、注目された人や作品となっています。

この基準で考えると、優秀作品賞との基準が確かにあいまいでやらせと言われても仕方ないような気がしますね。

レコード大賞の選考基準がひどい不正疑惑も

レコード大賞2022がおかしいと言われているのは「選考基準と合っていない」ということもあります。
優秀作品の選考基準は「大衆の強い支持を得て、芸術性、独創性、企画性に優れてその年度を反映したと認められる作品に贈る」と発表されています。

この芸術性、独創性、企画性は、選考する人の好みに大きく左右されてしまうものです。

なおかつ、その年度を反映したものとされているので、例えば鬼滅の刃など日本で大流行したものなどであれば非常に分かりやすいですが、2022年にノミネートされている10曲は個人的にその年を反映したものかどうかというと、なんだか微妙なような気がしてしまいます。

レコード大賞がオワコン

レコード大賞がオワコンと言われる理由には、「ノミネート候補者が昨年の候補者とかぶりすぎている」ということあると思います。

2021年にノミネートされている歌手たちが、2020年にノミネートされている歌手と被っているのです。
しかも、数名ではなく複数名被っています。

数名であれば、ありえそうな気がしますが、複数となるとやはりおかしいと感じやらせなのかヒット曲自体を出せる歌手がいなくなってオワコン感も漂っていますよね。

ちなみに過去にレコード大賞で被っているの言われた歌手やアーティストは、LISA、純烈、乃木坂46、DA PUMP、AKB48、三浦大知、氷川きよしの7名です。

やはり、どう考えても多いような気がしてしまいますね。

レコード大賞2022年の選考理由がひどい出来レース?

レコード大賞はお金で買える賄賂や買収疑惑

レコード大賞2022年のノミネートの理由の一つは、事務所の利権という説があります。

SNSでは、特別賞が本当に売れた曲で大賞が事務所がお金で買った買収や賄賂疑惑はずっと付きまとっています。

利権やと感じている声が多かったです。言われてみると、レコード大賞を取ると箔がついて、知名度が上がったり大賞受賞以外の曲も売れやすくなるというような噂もあります。

まるで、大賞をお金で買っているような気もしますね。

レコード大賞が買収や賄賂疑惑と言われるようになったのは、2016年に週刊誌で3代目J SOUL BROTHERSが所属しているLDHがなんと1億円もの業務委託費をバーニングプロダクションに支払っていたことをスクープしたのです。

真相は今もわかりませんが、何か大きな力が働いていてもおかしくないなと思ってしまう出来事ですよね。

この以降もなぜこのアーティストがレコード大賞に選ばれたかわからないと炎上する事態が続いています。

レコード大賞は授賞式に来れる人を選ぶ決め方

もう一つの理由が、授賞式に当日来れる人が選ばれているという説もあります。

芸能関係者の話によると、LDHの騒動の際に明らかになったのですがTBS側から当日の授賞式にはアーティストが参加させるという条件を提示していたようです。

この受賞の条件が、今も続いているのかはわかりませんが、仮にいまもそれが続いているのだとすれば対象の意義はまた変わってきますよね。

受賞したアーティストが、その場にいて受賞するのが一番の理想の形かもしれませんが、そのことより選考基準にしっかりあっているアーティストが受賞するほうが大切であることは言うまでもありません。

2021年のレコード大賞がダイスでおかしいと大炎上へ

2021年のレコード大賞がおかしいと炎上したことを覚えている方も多いと思います。

その原因となったのは知名度の低いDa‐ICEがレコード大賞で受賞しているということがあります。

レコード大賞はその年を反映しているものという選考基準があるので、もちろん多くの方に知られているはずですがDa‐ICEは知名度があまりに低かったですね。

過去の受賞者は西野カナ、乃木坂46,LISAなどその年に様々な音楽番組で見ることはもちろんですが、あらゆる場面で楽曲も聞いているはずです。

そんな中、名前を聞いてもピンとこない方が受賞するというのは違和感しか感じないのは仕方ないことだと思います。

2021年のレコード大賞の受賞曲を知らない人がほとんど

さらにいえば、アーティストだけでなく、大賞を受賞した曲も知らない方がとても多かったのです。

大賞を受賞したのは、「CITRUS」という曲でしたが、曲を知らない方が本当に多かったのです。

この「CITRUS」は2020年に玉木宏さんが主演の極主夫道の主題歌でした。

このドラマは、さほどヒットすることもなかったので、もちろん主題歌も有名にはなりませんでした。

このことからも、大賞の選考基準のその年を反映したと認められるという部分に当てはまるとはいいがたいです。

Da‐ICEは実力があるグループという口コミもありますが、なんだか腑に落ちない受賞ではありますね。

所属事務所できまった出来レース?

Da‐ICEはエイベックス所属です。

受賞発表後、エイベックスだから受賞したのかなと感じる方が非常に多かったようです。

事務所の力がかなり大きく受賞に影響するのかなと感じている方も前から多かったので、きっとそのような感想がSNSに多く集まっているのでしょう。

たしかに、エイベックスはとても大きな事務所で力も持っています。

過去の受賞したアーティストをみても、ソニーミュージックレーベルズとエイベックスが大変多いです。

大きなグループなので有名なアーティストが多く所属していてもおかしくないですが、なんだか素直に受賞を信じられない気持ちも十分理解できますね。

まとめ

日本レコード大賞はやらせや毎年おかしいと批判が起こります。

レコード大賞がしらない曲ばかりノミネートされておかしいややらせという疑惑や噂が消えない理由を紹介しました。

2022年の日本レコード大賞は視聴者が納得する曲が受賞するのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました