六本木クラスのクラス意味とは?韓国名前の読み方は?

六本木クラス クラス 意味 六本木クラス
六本木クラス クラス 意味

2022年7月から六本木クラスがスタートします。

韓国で大人気だった梨泰院クラスのリメイク版です。

楽しみにしているファンの方も非常に多いと思います。

今回は、この六本木クラスのタイトルの意味を調べてみようと思います!

個人的にはドラマのタイトルとしては、珍しいのかなという印象があります。

六本木クラスのクラスの意味とは一体なんなのでしょうか?

六本木クラスのクラスの意味は?

六本木は、多文化が自由に入り混じった場所でとても自由を感じさせる街です。

若者の街といえば、「渋谷」を想像する方も多いと思いますが、六本木には近くに大使館もあり、外国人も多く自由な雰囲気の漂う街です。

安さを追い求めている「渋谷」とはまた違った街ではないでしょうか。

韓国の梨泰院もそのようなおしゃれで大人も街ということが出来ます。

そんな街の名前にクラスをつけてドラマのタイトルにしていますが、なぜクラスと続くのでしょうか。

このことに明確に回答しているようなものは残念ながらありませんでしたが、韓国の格差社会の階級という意味が一番の有力な意味です。

日本では階級に分かれるほどの格差を感じる国ではないため、六本木クラスというタイトル名だとクラスの意味は何?と感じてしまいますよね。

六本木クラスはリメイク版なのでオリジナルの梨泰院クラスに当てはめて六本木クラスになったようです。

それでは六本木クラスのクラスの意味の候補をいくつか紹介していきます。

六本木クラスの意味①:階級

1つ目の意味としては、「クラス感がある」という意見がありました。
クラス感があるというのは、最近の言葉の使い方かもしれませんね。わかり易く言うと、他とは違うレベルでワンランク上にいる印象を強くしたいときに使う言葉のような気がします。

また、韓国ではいまだに根強く階級社会が残っています。

金銭的に貧しく、高校を中退し前科のある若者が財閥の息子に戦いを挑むという階級(クラス)が異なるもの同士の戦いを指すという意味もあります。

日本には、韓国ほど露骨な階級はありませんが、小さなクラスはいくつも存在していますよね。

そのような(階級)クラスに対して疑問を投げかける意味合いでクラスを使っているのかもしれないですね。

六本木クラスの意味②:品格

次に考えられる理由が「品格」です。
韓国では、品格の源泉はお金という考えがかなり強いです。お金と聞くと、なんだか下品で俗物的な印象を受ける方も多いと思いますがお金があるからこそできることもたくさんあります。

病院に行くことが出来たり、弁護士を雇うことが出来たり、大切な人を守ることも出来ます。

お金=悪いものでは決してありません。

しかし、お金があるから必ず品格も伴っているのでしょうか。お金=品格としてよいのでしょうか。

確かにお金はとても大切なものですが、お金だけが品格を表すことができるのか?

真の品格とはなんなのかをもう一度、しっかり考えてほしいとメッセージを投げかけているドラマになるのではないでしょうか。

六本木クラスの意味③:授業

最後に考えられる意味には「授業」があります。
六本木クラスで、脈々と流れているテーマがあります。それに、名前を付けるとすれば「授業」です。

六本木クラスでは、今の社会で当たり前となっているお金がすべてという価値観に常に疑問を投げかけています。お金を持っているものが必ずいつも正しいのでしょうか?

そうとはかぎりません。
また、現代社会にはいろいろなルーツを持つ人が混在しています。

元ギャングだったり、トランスジェンダー、肌の色が違う人。

これらの多種多様な人間が同じ環境で、助け合ったり認め合ったりして生きていける社会がこれからは大切になるんではないかという疑問も私たちに投げかけてくれているのではないでしょうか。

まとめ

今回は、六本木クラスの「クラス」の意味について調べてみました!

クラスと一言に言ってもとらえ方や、考え方は人それぞれです。クラスと名前の付くドラマの珍しいですよね。

一度聞いたら、忘れられないとてもいいタイトルのドラマだと思います。

クラスの裏側にある隠れた意味をしっかり理解して、六本木クラスを思いっきり楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました