六本木クラスの料理対決メニューは?名物スンドゥチゲの代わりにおでん?

六本木クラス 料理 名物 スンドゥチゲ 六本木クラス
六本木クラス 料理 名物 スンドゥチゲ

大ヒットした梨泰院クラスが、日本で六本木クラスとしてリメイクされています。

その中で、料理対決メニューが何になるのか話題になっております。

居酒屋名物メニューでスンドゥチゲの代わりになるメニューは一体なんなのでしょうか?

原作のコミックやドラマ韓国版では、かなり重要なポジションをしめる料理対決のメニューなので、大変気になりますね。

六本木クラスではおでんが居酒屋の名物メニューとして登場するのではないかと予想されていました。

六本木クラスの居酒屋「二代目みやべ」の名物料理はおでん?

梨泰院クラスでは、番組の重要なキーポイントである「居酒屋対決」があります。

この居酒屋対決では、とても美味しいメニューが出てくるので視聴者としてはとても見ていて楽しくてワクワクする気持ちになります。

梨泰院クラスでは、キーポイントとなる最強の居酒屋で出てくるこの対決メニューは「スンドゥブチゲ」でした。

また、チャンガグループの会長がセロイの店を訪れた時にご馳走するメニューも「スンドゥブチゲ」でした。
では、六本木クラスの看板メニューは一体なんなのでしょうか。

六本木クラスは梨泰院クラスにリメイクですが日本版にアレンジしているのでスンドゥブチゲではないと思います。

六本木クラスでは、「串かつ男 男おでん」というお店がロケ地となっています。
このことと、SNSでのたくさんの方から看板メニューの予想がされております。

一番の有力なメニューは「おでん」です。

確かに、これらのことを総合的に考えると確かに「おでん」が看板メニューになるのかなという気がします。

六本木クラスの居酒屋「二代目みやべ」のロケ地になった店はどんな店?

六本木クラスでは、「二代目みやべ」のロケ地の舞台は一体どんなお店でしょうか?

二代目みやべが、どこにあるのかなど詳細について調べてみたいと思います!

このお店は、竹内涼真さんが演じる宮部新が店長、新の一代目「みやべ」の店長です。

この「みやべ」は、「串カツ男 男おでん」というお店がロケの場所となっているようです。

外観だけでいうと、かなりの和風のお店の雰囲気ですがガラス張りの雰囲気のところなど梨泰院クラスのタンバムになんとなく似ている気がしますね。

みやべは、「串カツ男 男おでん」は実際にあるお店のようです。

東京港六本木にあるお店です。ここのお店はその名のとおり串カツとおでんがとても美味しいようです。

夏は、とんかつで冬は味噌おでんと夜ごはんのメニューになります。ランチは揚げ物や味噌カツ、台湾ラーメンが登場するようです。

ここのオーナーが名古屋出身の方らしいのでそのようなメニューが多いようですね。

料理もおいしいと口コミ評価もいいので、聖地巡礼に是非行ってみたいですね。

梨泰院クラスの居酒屋タンバムのスンドゥブチゲとは?

梨泰院クラスに出てくる美味しい料理と言えば、「スンドゥブチゲ」です。韓国を代表する料理はスンドゥブチゲと言ってもけっして言い過ぎではないです。

日本でも、すっかり市民権を得たスンドゥブチゲですが韓国ではどのような立ち位置なのでしょうか?
「キムチチゲ」「テンジャンチゲ」は日本で例えるとお味噌汁のような存在です。各家庭の味があるような生活になくてはならないようなメニューです。

日本の冷蔵庫には、必ずお味噌やお漬物があります。

韓国でも同じように韓国味噌やキムチが冷蔵庫に常備されているのです。なので、キムチチゲとテンジャンチゲは韓国の食卓に並ぶ回数が他のチゲと比べてとても多いようですね。

チゲは、訳すると「鍋物」のことです。

一人前のお鍋にお汁と具材が半分ほど入る、具だくさんの汁物なのです。日本でもかなり人気があるのはキムチチゲですね。

韓国味噌で味付けされたのはテンジャンチゲ、おぼろ豆腐がメインの食材がで、唐辛子ペーストで味付けしているものにスンドゥブチゲ、コチュジャンチゲなどが有名です。

まとめ

今回は、梨泰院クラスで大切なキーポイントとなる「スンドゥブチゲ」についてみてみました!

看板メニューで、物語の大切な場面にたくさん登場します。

六本木クラスでは一体、どんなメニューになって登場するのかロケ地やネットの予想からおでんと予想してみました!

残念ながら、看板メニューが何かは正式な公表はなかったのであくまで予想なのですが、おそらくおでんなのかなと思っております。

六本木クラスのドラマが始まり、どんな料理が登場するのかもとても楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました