六本木クラスの結末やラストは? 梨泰院クラスの最終回の違いは?

六本木クラス 結末 ラスト 最終回 六本木クラス

六本木クラスの結末やラストはどうなるのか気になって、梨泰院クラスとの結末の違いはあるのか調べてみました。

リメイク元の梨泰院クラスや原作のWEBコミックとは違う、ドラマオリジナルの結末になるのでしょうか?

六本木クラスの原作やドラマの結末やラストを紹介していきます!

六本木クラスドラマの結末やラストはどうなる?

六本木クラスとして韓国や日本でとても人気が出た梨泰院クラスのドラマが日本版にリメイクされました。六本木クラスを楽しみにしている方も非常に多いと思います。

梨泰院クラスは復讐や恋愛、友情などあらゆる感情が交差した究極のエンターテイメントで一言では言い表せない色々なストーリが盛り込まれています。

六本木クラスの結末や、ストーリーは原作やリメイク元の梨泰院クラスとの違いはあるのでしょうか?

六本木クラスは、日本版にリメイクされているということですが、それに合わせてどこがアレンジされているのか気になりますね。

六本木クラスは梨泰院クラスよりも話数が少ない放送なのでラストがどうなるのか気になる人も多いと思います。

原作の舞台が、韓国なので日本とは少し違った雰囲気かもしれませんがどのような結末になるのか非常に気になりますよね。

それでは、六本木クラスの主人公宮部新と二人のヒロイン麻宮葵、楠木優香の結末とラストを紹介していきたいと思います。

宮部新の結末とラストは?

宮部新は、人質にされて誘拐された間宮を救出するために奮闘します。
そこで、間宮を助けるために金城茂に土下座をするのです。しかし、金城茂に土下座することと引き換えに金城茂に拉致事件の共犯であるという証拠をしっかり入手するのです。
それで、宮部新は無事に間宮葵を救出します。そこで、龍河を倒した後にすべての証拠データを
警察に提出します。
その結果、JGグループの株は大暴落してしまいます。そして、宮部新の会社はJGグループを吸収することに成功します。そして、金城茂は宮部新に土下座して謝罪をします。そして宮部新と間宮葵は無事に結ばれてハッピーエンドという結末を迎えることが出来ました。
ずっと、間宮葵は一途に宮部新に思い続けていたので個人的にこの結末はとても嬉しく思っております。

麻宮葵の結末とラストは?

個人的に、間宮葵はとても好きなキャラクターです。
葵は人生はつまらないと思って自分のことしか考えていない自己中心的な生き方をしていました。そんな、間宮葵を変えてくれたのが宮部新です。宮部新と出会ったことで、葵の気持ちに少しずつ変化が出て来たのです。
ハチミツザナイトのマネージャーから、新の会社の専務理事となるまで新を支え続けます。
そして、それと同時に新に恋をずっとし続けていました。
新は、葵のことを妹として見ていなかった自分の気持ちに龍河に拉致されたことがきっかけで、気付くのです。そして、その気持ちを打ち明けられた葵はしっかり受け止めます。
とても嬉しい結末です。
原作でも、葵は新を必ず幸せにすると誓っているのでその通りの結末になったということです。

楠木優香の結末とラストは?

楠木優香はもともと、新の高校の初恋の女性です。
2人はとてもよい関係でしたが、楠木優香は金銭的な理由から宮部新の最大の敵であるJGグループに入ることになりました。
そして、同じ六本木の居酒屋で戦うライバルになってしまうのです。そして、時にはJGグループの指示によって時に邪魔をしてしまうこともあるのです。
このジレンマに悩まされて苦しい思いをしてしまうこともありました。もともととても優秀な楠木優香はJGグループでは、部長まで昇進しましやが、最終的にはJGグループの不正を内部告発して退職します。
楠木優香は、ひそかに宮部新に思いを寄せていましたが、宮部新と結ばれることはありませんでした。退社後は、一人でクラブをオープンさせました。このあたりの詳細は不明なのですが、間宮優香の発言からお店は非常に繁盛していることが予想されます。

まとめ

 

今回は、六本木クラスのドラマ結末とラストがどうなるのか、原作のWEBコミックを参考に六本木クラスの結末やラストを登場人物別に紹介してみました。

六本木クラスは忠実に梨泰院クラスのストーリー通りなのか、六本木クラスオリジナルのストーリーで結末は違うのか、最終回まで楽しみですね!

六本木クラスのドラマが最終回を迎えるまで、結末やラストを考察していきます。

タイトルとURLをコピーしました