六本木クラスはもう遅い?失敗するしコケると炎上した理由は?

六本木クラス もう遅い 六本木クラス

六本木クラスが梨泰院クラスのリメイク版として7月に竹内涼真さん主演で放送されることが発表されていますよね!

六本木クラスの実写ドラマ化が発表されるともう遅いという声やコケる、失敗するなどリメイク版を発表後に炎上してしまいました。

梨泰院クラスは日本でも大人気になった韓国ドラマですが、そのリメイク版の六本木クラスがなぜもう遅いと言われコケるや失敗するとの声が集まり炎上してしまったのでしょうか?

その理由を紹介していきたいと思います。

六本木クラスはもう遅い?今さらリメイクは古い?


六本木クラスは大ヒットドラマの梨泰院クラスのリメイク版として2022年の7月7日に放送開始ですが、発表された時点で失敗するやもう遅いなどのコメントがSNSに溢れて炎上してしまいましたね。

なぜ、六本木クラスがコケると言われてしまうほど前評判が悪いのでしょうか?

六本木クラスの韓国の反応や感想・口コミ をまとめてみました。韓国のファンはどう思っているのか気になりますよね!

六本木クラスはもう遅いと言われる理由

六本木クラスの元になっている梨泰院クラスがネットフリックで大ヒットしたのは2年前の2020年ですよね。

2年前に大ヒットしたドラマを今さらリメイクしても六本木クラスはもう遅いという意見が多く炎上してしまいました。

梨泰院クラスが大ヒットした2年後に六本木クラスを放送しても梨泰院クラスファンのコレジャナイ感があるようです。

 

原作コミック版の六本木クラスは人気のあるのでコミックに忠実なストーリーなら話題になるかもしれませんね!

六本木クラスがコケるし失敗すると言われる理由

六本木クラスはどうしても大ヒットした梨泰院クラスとストーリーはもちろん、キャストや演出など細かい部分が比較されてしまいますよね。

すでに、六本木クラスの予告編を見た梨泰院クラスファンにはコケるや失敗するという声が出ています。

梨泰院クラスファンはもともと韓流ドラマ多く見てきたファンが多く、日本に置き換えただけでもダサいと感じてしまうようです。

具体的にどんなところで六本木クラスが失敗すると言われているのか見てみましょう。

六本木クラスのナレーションや演出が安っぽい

どうしても六本木クラスのナレーションや演出が安っぽい感じが否めないという意見。

梨泰院クラスのリメイク版の六本木クラスでは同じシーンがけっこうありどうしても比べてしまうという意見がありました。

本家の梨泰院クラスと同じシーンを見るとしょぼいやダサいと予想通りだったなという感想も多いです。

演出が安っぽいと感じてしまうのはやはり圧倒的な製作費の差ではないかと感じますね!

六本木クラスがダサい という意見が多かったですがその理由がすごかった!

六本木クラスと梨泰院クラスの製作費の差

六本木クラスを見た人の感想として安っぽいやしょぼいという意見がありましたが、これには製作費の差が関係しています。

梨泰院クラスはネットフリックで配信されて世界で大ヒットした韓流ドラマの一つですよね

ネットフリックスでは韓国ドラマは世界トレンドになる作品として力を入れており、1作品作る製作費の予算が最高で30億円の作品も、梨泰院クラスの製作費は公表されていませんが、10億円以上と言われています。

六本木クラスが放送されるテレビ朝日のドラマの製作費の予算はおよそ2500万円と発表されていることから予算の時点で桁が違うとなると安っぽいと言われてしまうのもしょうがないかもしれません。

六本木クラスの話数が梨泰院クラスより少ない

六本木クラスに限らず、日本のドラマは1クール11話から12話で完結するドラマが一般的ですが、リメイクの元ネタになっている梨泰院クラスは全16話で完結しています。

どこの部分を3話分削ってストーリーを繋げていくかはわかっていませんが、1クールのドラマ3話分少ないとかなり内容も薄くなってしまいそうですよね。

特に梨泰院クラスファンには物足りないと感じてしまうかもしれません。

設定の変更や登場人物を減らすなど対応するのでしょうか、リメイク版ですが内容が変わるのは少し悲しいですね。

梨泰院クラスが16話あるのに対し、日本のドラマは、10~12話で終わる事が多いため、その分内容が短くなってしまいそうだと感じているようです。

原作の流れを知っている分、省かれてしまうシーンなどがあると悲しいですし、物語に影響が出てしまう可能性もあるかもしれませんね。

まとめ

六本木クラスはコケるし失敗すると言われている理由ともう遅いと炎上した件についてまとめてみました。

やはり韓流ドラマの梨泰院クラスは世界で大ヒットした話題作だからこそそのリメイク日本版の六本木クラスには期待がかかっているようです。

制作もネットフリックスと日本の民放ドラマの製作費は桁違いの予算で、安っぽいやしょぼいと言われてしまうのはかわいそうな気もしますが、六本木クラスを楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました