家庭教師のトラコの結末と最終回は?お金に執着する理由とは?

家庭教師のトラコ 結末 家庭教師のトラコ
家庭教師のトラコ 結末

家庭教師のトラコの結末と最終回はどんなストーリーになるのでしょうか?

トラコがなぜ勉強よりもお金の使い方を教える授業をするのか、お金に執着する理由とトラコの過去が結末でわかってくるのではないでしょうか?

トラコが家庭教師として3人の子供の受験結果も気になりますよね。

それぞれ3家族とトラコの結末をまとめてみました。

家庭教師のトラコの結末はトラコがお金に執着する理由と過去が明らかに?

トラコが家庭教師として教えることはお金の大切さや1万円で幸せになる方法でしたね。

勉強を教えないでトラコがお金に執着している理由はトラコの過去に理由があるのではと思います。

トラコの目的や叶えたい夢はお金を貯めて学校を作ることなのではないかと言われています。

そしてその学校は、ただの学校ではなく「正しいお金の使い方を教えてくれる学校」を作りたいと思った理由にはトラコの過去のトラウマが隠されていると予想してみました。

この家庭教師のトラコは原作がないオリジナルのストーリーなので、予想することしかできないのですが

脚本を担当している遊川和彦さんの過去の作品の傾向から考えて、「同期のサクラ」や「35歳の少女」などの作品のように周りに人物をどんどん巻き込んで、最終的にはトラコが自分自身の夢を叶えるのではないかなと思っています。

そうなって欲しいですよね!

遊川和彦さんの作品は、今までのものも悲しい過去を持つ主人公が過去を乗り越えて幸せになるハッピーエンドが多いのできっと家庭教師のトラコも最後はトラコが幸せをつかむのではないかなと希望的な気持ちも込めて予想してみました。

家庭教師のトラコの結末はもちろん、トラコの過去やお金の大切さを教える目的などストーリーを紹介していきます!

家庭教師のトラコの結末で3家族は合格か不合格かどうなる?

どんな志望校でも絶対合格させると噂のトラコこと根津寅子と契約した3家族の結末も気になりますよね!

受験は合格したのかや家族の問題は解決したのかを個別に予想してみたいと思います。

中村真希と知恵の結末は合格する?

中村真希望と知恵は、娘を小学校受験させる30代のワーキングママです。この母娘を家庭教師として担当することになったトラコです。
中村真希は、バリバリ働くワーキングママですが、将来のことを考えて有名私立大学に合格させてたいということで頭がいっぱいです。自分一人で家庭を支えていかなければならないという考えで自分が正しいということで頭がいっぱいなのです。
ただ、受験する本人の娘は「どうして勉強しなくてはいけないのか」という気持ちが強くて受験に対してマイナスな気持ちしかないのです。
先のことばかり心配する母と、今の自分と全く向き合ってくれないことに不満を感じている娘のすれ違いをトラコはどのように指導して、先へ導くのでしょうか。
いつの時代の母娘のすれ違いはほんの些細なところから始まると思います。存在が近すぎて、言わなくても分かってくれるとか照れくさくて思っていることをなかなか言えないということも小さなすれ違いを埋めることが出来ないことになるので、このちいさなすれ違いをトラコに埋めてもらっていく様子も見ていきたいですね。

下山智代と息子の結末は合格する?

下山智代は、40代で中学受験する息子を育てるシングルマザーです。
底辺で苦しい生活を強いられている下山智代は、大変大雑把な性格です。小さな居酒屋を一人で切り盛りしている頑張り屋さんです。
息子は、私立の中学校に進学したいと思っていながらも、経済的なことを理由にその夢を母親に言いだすことがなかなかできません。お金がないことを理由に諦めるしかしかたないのかなと思ってしまっているのです。
下山智代本人も、実は夢をあきらめた本人なのです。自分の夢がありつつも、親が残した定食屋さんを継いだことで自分の夢をあきらめていたのです。
このことが少なからず、息子にも伝わるのか息子も「夢を持ってはいけないのか」と思ってしまっているようです。この2人をトラコはどのように指導して、「夢を持ってはいけないのか」という疑問に答えを導いてくれるのでしょうか。
下山智代自身の夢を取り戻すことが出来るのかも注目すべきポイントです。

上原里美と守の結末は合格する?

上原里美は、有名私立大学への進学を目指す息子を持つ50代の母親です。
人口の上位3%しか入ることが出来ないと追われている層に入ることが出来る超裕福層であるのに、自分の居場所がなく幸せと言えるのかわからない50代の後妻です。
上原里美は、実はずっとホステスをしていました。その時に、妻子持ちの裕福な銀行員と愛人関係になりました。そのまま、息子の守を出産して後妻になるまではずっと一人で守を育てていました。その後、上原里美は超富裕層の正妻になったのですが、どうしても元ホステスということで家には居場所がなくて居心地が悪くて気の休まる場所がないのです。
しかし、元ホステスというだけあってかなりの野心家です。息子を東大に合格させることで自分を馬鹿にした家族を見返してやりたいと思っている野心家です。
この母と息子の家庭教師になったトラコは、果たしてどのように2人を幸せに導くのでしょうか。
家庭内でのいじめ問題をどのように解決できるのかもとても気になるところですね。

まとめ

家庭教師のトラコの結末と最終回についてまとめてみました。トラコがなぜお金に執着するのか、家庭教師としてお金の大切さを教えるのかトラコの過去が重要になってくるのではと予想してみました。

どんな志望校でも合格左折家庭教師のトラコと契約した家族もお金を通して家族仲や大切なものに気づかされる結末そしてトラコの夢も叶う最終回になるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました